日刊猫ニチ新聞 ネコのニュースだけの不思議な新聞 |迷子、盗難防止に
FC2ブログ

Entries


福岡県と県獣医師会は「迷子や盗難防止にも役立つ」として、犬や猫の飼い
主に対し、個体を識別できるマイクロチップの装着を呼びかけている。

動物愛護法はペットの飼い主に対し、自分の所有するものだと明らかにする
よう努めなければならないと定めている。しかし、徹底されておらず、飼い主
不明のまま保健所に収容され殺処分されるペットが後を絶たない。
福岡県内では2009年度、飼い主の都合で保健所に持ち込まれた事例など
も含め、11,577匹の犬と猫が殺処分された。

チップは直径2mm、長さ12mmの円筒形。主に動物病院で注射器を使って
首の後ろに埋め込む。費用は4,500~5,000円程度。

県保健衛生課の担当者は東日本大震災の発生を踏まえ、「災害で飼い主と
ペットが離ればなれになってしまうこともある。チップを装着すれば飼い主の
元に返る可能性が高まる」と指摘する。
県は街頭での啓発活動などを通じ、チップの利点を周知していく方針。
関連記事





0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます


発行部数
人気ブログランキングへ

Appendix

最新の記事

Twitterボタン
20万部突破記念!

読者投書欄

カテゴリー・過去記事

 

RSSフィード