日刊猫ニチ新聞 ネコのニュースだけの不思議な新聞 |環境省が現地調査へ
FC2ブログ

Entries


東京電力福島第1原子力発電所から半径20キロ以内の地域が「避難指示
区域」から、立ち入ると罰則規定のある「警戒区域」に切り替わったことで、
区域内に残された動物の保護が改めて問題となっている。

環境省はペットの連れ出しを検討しているが、どの程度のペットが取り残され
ているのか実態を把握できていない。
このため福島県は28日から5月2日まで、同省とともに現地調査を行う。

28日は、南相馬市小高地区と葛尾村で獣医師7人を含む11人で約2時間
かけて捜索。
犬5匹と猫1匹を保護し、捕獲した場所でスクリーニング検査を行った。
関連記事





0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます


発行部数
人気ブログランキングへ

Appendix

最新の記事

Twitterボタン
20万部突破記念!

読者投書欄

カテゴリー・過去記事

 

RSSフィード