日刊猫ニチ新聞 ネコのニュースだけの不思議な新聞 |ペット救助に一時帰宅
FC2ブログ

Entries


福島第一原発事故で避難指示が出されている20km圏内の自宅に、ペットを
残したまま避難した飼い主らが、餌やりなどのために一時帰宅するケースが
目立っている。

飼い主からの依頼を受け、動物愛護団体やボランティアもペットの救出に乗り
出しているが、福島県は「避難指示区域となっている以上、絶対に立ち入らな
いでほしい」と呼びかけている。

被災地でペット救助を行う動物愛護団体に、福島県浪江町から避難したという
女性から「自宅に猫を置いてきてしまったんです。どうしていいのか・・・」と電話
が入った。
電話を受けたスタッフは、車で半径20km圏ぎりぎりの所にある女性宅に向か
い、愛猫を無事保護した。
スタッフは「飼い主にとって、ペットは心の支え。亡きがらになっていたとしても、
この手で抱きしめたいと思う」と話す。
保護された猫は、同団体が管理する県外の施設まで運ばれ面倒を見てもらう
ことになった。

震災以降、同団体には、一時避難の際に自宅に残してきたペットの保護を求め
る電話がひっきりなしにかかってくる。
救助要請の件数は既に100件を超え、犬・猫など60匹以上のペットを保護した。
警備の目を盗んで20km圏内の自宅に戻り、ペットを連れ出す飼い主もいると
いう。
関連記事





0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます


発行部数
人気ブログランキングへ

Appendix

最新の記事

Twitterボタン
20万部突破記念!

読者投書欄

カテゴリー・過去記事

 

RSSフィード