日刊猫ニチ新聞 ネコのニュースだけの不思議な新聞 |半年ぶりに救出
FC2ブログ

Entries



埼玉県川口市の陸橋で、橋脚と橋げたの隙間から出られなくなった子猫が
1日、動物愛護団体や消防本部の協力で約半年ぶりに救出された。

住民がインターネットで呼びかけ実現した。なぜ入り込んだかは不明だが、
昨秋以降、住民がひもを垂らすなどして餌や水をやってきた。
愛護団体が飼い主を探している。

          201103005.jpg

近くに住む男性が猫に気づいたのは昨年9月。
高さ約5mの橋脚にはしごをかけて保護を試みたが、奥に逃げ込まれて
断念し、朝晩に煮干しを橋の上から投げて与えるなどした。他の住民も橋
からひもを垂らして水をやった。
川口市消防本部には1月までに「猫を助けて」の119番が4回。その度に
救出を試みたが失敗した。

救出の立役者は近所の会社員の女性。ブリッジをもじって「ブリ」と名づけ、
夫と餌をあげる一方で、ネット上の会員制交流サイトで救出方法を相談。
それを見た人の紹介で、「日本動物生命尊重の会」に救出方法を教えて
もらった。
2日前から猫を空腹にさせ、1日午前、マグロとキャットフードが入ったカゴ
状の捕獲器を消防隊員が橋げたに置くと、約3時間後に猫はかごに入って
捕獲されたという。

関連記事





0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます


発行部数
人気ブログランキングへ

Appendix

最新の記事

Twitterボタン
20万部突破記念!

読者投書欄

カテゴリー・過去記事

 

RSSフィード