日刊猫ニチ新聞 ネコのニュースだけの不思議な新聞 |猫の日
FC2ブログ

Entries



日本では2月22日を「ニャンニャンニャン」の語呂合わせから「ネコの日」と
しているが、イタリアでは1990年に愛猫家の投票で決められた2月17日を
「ネコの日」としている。

人間とネコの共存の歴史を考えると、奈良時代に教典をネズミ被害から守る
ため中国からネコを輸入したといわれる日本とは違い、ヨーロッパでの歴史は
長い。
2004年にキプロス島で発掘された9500年前の墓から、人骨と一緒に飼い
ネコの骨と思われるものが発見されている。

近現代では、英国の最盛期を治めたビクトリア女王が溺愛し、王室中で貴族
同様に扱われていたペルシャ猫、チャーチル首相とともにダウニング街10番
地の官邸を住まいにしていたネコのジョック君、ホワイトハウスではセオドア・
ルーズベルト大統領のスリッパーズ君、クリントン一家のソックス君などが
有名。

また、「ネコは飼い主の家になじみ、イヌは飼い主になじむ」とのジンクスを
破るものとして、2009年にフィンランドのラップランドで行方不明となり130日
後に800km離れたヘルシンキの飼い主の元に帰ったネコの話も耳新しい。

ネコの日には愛猫にごちそうをお忘れなく・・・。

関連記事





0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます


発行部数
人気ブログランキングへ

Appendix

最新の記事

Twitterボタン
20万部突破記念!

読者投書欄

カテゴリー・過去記事

 

RSSフィード