日刊猫ニチ新聞 ネコのニュースだけの不思議な新聞 |虐待を暴露
FC2ブログ

Entries



内部告発サイト「ウィキリークス(WikiLeaks)」のメンバーだったダニエル・
ドムシャイトベルク氏が、暴露本 『Inside WikiLeaks: My Time with
Julian Assange at the World’s Most Dangerous Website (ウィキ
リークスの内幕:世界で最も危険なウェブサイトでジュリアン・アサンジと
過ごした日々)』 のなかで、創設者ジュリアン・アサンジ氏の奇行の数々を
ぶちまけた。
なかでも、ドムシャイトベルク氏が飼っていた雄ネコ・シュミット君に対する
虐待のエピソードは際立っている。

同著のドイツ語版によると、ドイツのウィースバーデンでアサンジ氏と暮らす
ようになってから、シュミット君は精神病に苦しむようになってしまった。
アサンジ氏が、指をフォークのように広げてシュミット君の首をつかむなど、
日常的にシュミット君に虐待を加えたからだという。

だが、アサンジ氏の攻撃にシュミット君も前足で反撃するようになったため、
「狂ったオーストラリア人(アサンジ氏)も安泰ではいられなくなった」と、ドム
シャイトベルク氏は書いている。

関連記事





0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます


発行部数
人気ブログランキングへ

Appendix

最新の記事

Twitterボタン
20万部突破記念!

読者投書欄

カテゴリー・過去記事

 

RSSフィード