日刊猫ニチ新聞 ネコのニュースだけの不思議な新聞 |大活躍
FC2ブログ

Entries



ベトナム・ハノイ市の農業大学労働犬センター所長のグエン・バン・タイン
博士は無類のネコ好きとして知られており、ネズミ退治にネコを活用する
プロジェクトに取り組んでいる。ラオドン紙電子版が報じた。

ハノイ市チュオンミー郡タインビン村では、ネズミの異常増殖に悩まされて
いた。
これを聞いたタイン博士はネズミの天敵であるネコを活用できると考え、
青年組織と共にネズミ退治用ネコ発展プロジェクトを立ち上げた。
「ネコ銀行」が設立され、まず100匹のネコが各農家に貸し出された。
各農家は、ネコを殺したり売ったりしないことや、殺鼠剤を使用しないこと
(死んだネズミを食べるとネコまで死んでしまうため)を約束した。

ネコ銀行が貸し出したメスネコが子ネコを産んだ場合、子ネコはその農家の
ものとなり、メスネコは別の農家に貸し出される。
この方法は各農家に歓迎され、ネコの数は2,000匹近くまで増加し、農作
物の収穫量は以前より30%も増加した。
一方ネズミ捕り業者は仕事がなくなったと嘆いているという。

タイン博士はネコの飼育を根付かせる目的で、ネコのビューティコンテストも
開催。参加者(参加猫?)は数百匹に上った。
タイン博士はネコ好きが増えたことを喜んでいる。

関連記事





0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます


発行部数
人気ブログランキングへ

Appendix

最新の記事

Twitterボタン
20万部突破記念!

読者投書欄

カテゴリー・過去記事

 

RSSフィード