日刊猫ニチ新聞 ネコのニュースだけの不思議な新聞 |希望殺到
FC2ブログ

Entries



京都市が野良猫の去勢・避妊手術を無償で行う事業を本年度から始めた
ところ申し込みが殺到し、80匹を超える手術待ちが出ている。
手術は獣医師がボランティアで行っているため、追いつかない状態。

市内の猫の殺処分数は2009年度は1,835匹で、犬の133匹を大きく
上回る。
市はふん害などで苦情の多い野良猫の繁殖を防いで殺処分数を減らすため、
政令指定都市で初めて実施した。

事業では去勢・避妊した猫を元の場所に放し、地域が世話をするのがルール
になっている。
野良猫の繁殖を防ぐことができる上、発情期の尿による臭い付けや鳴き声
などが軽減されることが好評の一方で、「地域が育ててくれる」という安心感
から、今後、捨て猫が増えるとの懸念もある。

市は「事業はあくまで繁殖を抑えるための措置。本来は個人が責任を持って
飼うべきだということを訴えていきたい」としている。

       201101084.jpg ← 手術を受けた野良猫

関連記事





0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます


発行部数
人気ブログランキングへ

Appendix

最新の記事

Twitterボタン
20万部突破記念!

読者投書欄

カテゴリー・過去記事

 

RSSフィード