日刊猫ニチ新聞 ネコのニュースだけの不思議な新聞 |けがのネコ保護
FC2ブログ

Entries



宇都宮市宝木本町の道路上で昨年末、大けがしたネコをパチンコ店従業員が
見つけ、動物病院に運び救命した。
病院での治療費やその後の餌代は従業員たちが出し合うなどして世話しており、
飼い主が名乗り出るのを待っている。

         201101037.jpg

12月24日午前、パチンコ店「コンサートホール宝木本町店」の駐車場を巡回
していた従業員が急ブレーキとみられる音を聞いて駆けつけたところ、店南側
の道路中央で、顔が腫れ上がり動けないネコを見つけ仲間と病院に運んだ。

診察した獣医師によるとネコは5~6歳の雄の雑種。左後ろ足首を骨折し顔面を
強打したとみられる。
集中治療室で7日間、栄養分や止血剤の注射をするなどし徐々に回復した。
人に慣れていることから飼い主がいるとみられる。

ネコには「タマオ」の愛称が付けられ、昼間は同店の事務所、夜は従業員が交代
で自宅に連れて帰り世話をしている。

従業員たちは「一日も早く飼い主のもとに帰してあげたい」と今後チラシをつくり、
周辺地域に配って情報の提供を呼び掛ける予定。

関連記事





0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます


発行部数
人気ブログランキングへ

Appendix

最新の記事

Twitterボタン
20万部突破記念!

読者投書欄

カテゴリー・過去記事

 

RSSフィード