日刊猫ニチ新聞 ネコのニュースだけの不思議な新聞 |行方不明から11年
FC2ブログ

Entries



イギリスで、猫が行方不明になってから11年経って見つかったというニュース
があった。

        201101010.jpg

クローイー・ヒルさんが飼っていた猫・セーラムがいなくなったのは、彼女が
6歳の頃のこと。
母親と何週間も捜しましたがセーラムは見つからなかった。年月が過ぎ、もう
2度と見つからないのではとあきらめていた。

ところが11年経ったクリスマスイヴの日に、セーラムと対面することができた。
フラフラとさまよっていたセーラムが動物愛護団体の手に渡り、マイクロチップ
が埋め込まれていたことから持ち主が判明。

17歳になったクローイーさんは、こんな時間が経ったあとで猫と対面できる
なんて信じられないと言い、クリスマス・イブの出来事だったことから特別な
プレゼントになったと喜んでいる。
母親のカレンさんは電話連絡を受けたときに冗談かと思ったそうで、猫にマイ
クロチップの登録をしていたことすら忘れていたと述べている。

11年の歳月を猫がどんな風に暮らしていたかは謎のようだが、健康状態は
良好で、誰かに世話をされていたのではないかと見られている。

この地域の愛護団体も、行方不明の猫が飼い主に戻った最長年数の事例
だと驚いているという。

関連記事





0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます


発行部数
人気ブログランキングへ

Appendix

最新の記事

Twitterボタン
20万部突破記念!

読者投書欄

カテゴリー・過去記事

 

RSSフィード