日刊猫ニチ新聞 ネコのニュースだけの不思議な新聞 |人間なら120歳
FC2ブログ

Entries



京都府宇治市五ケ庄の許波多(こはた)神社でかわいがられている20匹近い
捨て猫たちの中に、病気知らずの長寿のメスが1匹いる。
彼女が神社に居着いたのは25年前らしく、人間の年齢に換算すると120歳
前後となる。

          1001002010085.jpg

この猫の名は「グレイ」。
グレイは食の好き嫌いがない。今は朝はヨーグルト、昼と夕には缶詰の軟らかい
魚を食べている。年を取って、社務所でくつろぐ時間が増えているという。

猫の寿命は、普通は15年前後とされる。
宮司夫妻は生後間もない捨て猫に哺乳瓶でミルクを飲ませているが、グレイは
1985年春に現れた時から、ちくわをはじめ何でも食べた記憶があり、25年以上
生存している可能性が高い。

宮司は「グレイの人見知りしない性分がストレスもたまらず長寿につながっている
のでは。秘けつを見習いたい」とした上で、「人間も猫も命は同じ。絶対に捨てない
で」と呼び掛けている。

関連記事





0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます


発行部数
人気ブログランキングへ

Appendix

最新の記事

Twitterボタン
20万部突破記念!

読者投書欄

カテゴリー・過去記事

 

RSSフィード