日刊猫ニチ新聞 ネコのニュースだけの不思議な新聞 |偽装され流通
FC2ブログ

Entries



中国は3月に「反虐待動物法(専門家意見稿)」を施行し、イヌやネコの肉を
食することを禁じた。
イヌ・ネコの肉を食べることに対し、中国では道徳観念や人道主義の観点
から議論が行われているが、議論は平行線をたどっているのが現実。

18日、中国メディアの新民周刊が報じたところによると、「反虐待動物法」の
施行によって、ネコの窃盗や運搬、屠殺(とさつ)、肉の販売などといったネコ
肉をめぐる不法行為がはびこっているという。
報道によれば、中国ではネコを家畜として飼育することは禁じられているうえ、
飼育コストも高いことから、野良ネコの窃盗が主なネコ肉の入手手段となって
いる。

中国では動物検疫管理法をはじめとする関連法律によって、動物の運輸には
検疫合格証明などの各種許可証が必要となる。
しかし、ネコを運搬する業者が正規の許可証を入手することは不可能である
ため、許可証を偽造したうえで運搬しているという。

次にネコは屠殺場に運搬されるが、屠殺を行う人びとは牛や豚を処理するのと
同様に、あくまでも「仕事」として行っている。
しかし、牛や豚と異なるのは、法律によって定められた衛生基準がまったく
適用されないことだ。

屠殺されたネコはヒツジやウサギの肉として売られていく。
中国でペットの保護活動を行っている関係者は、「冷凍されたウサギ肉のほと
んどは実際はネコの肉だ。処理されたネコとウサギは外見からは見分けること
が難しいうえ、味も似ているため、ほとんどの人が気づかない」と語っている。

関連記事





0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます


発行部数
人気ブログランキングへ

Appendix

最新の記事

Twitterボタン
20万部突破記念!

読者投書欄

カテゴリー・過去記事

 

RSSフィード