日刊猫ニチ新聞 ネコのニュースだけの不思議な新聞 |前年度比101.3%
FC2ブログ

Entries



市場調査やマーケティングを行う株式会社矢野経済研究所は6月30日、2009
年度のペットビジネス市場に関する調査結果を発表した。

4月~6月までの間、ペットフードやペット用品メーカー、小売企業などを対象に
同社が実施した調査結果によると、2009年度のペット関連総市場規模は、小売
金額ベースで前年度比101.3%の1兆3706億円と推計した。

近年順調に市場規模の拡大を続けてきたペット関連市場だが、景気がなかなか
改善されず消費者の買い控えなどが影響し、わずかながらの増収に留まる結果
となった。

ジャンル別に見ると、ペットフード市場ではプレミアムタイプとエコノミータイプとの
二極化、ユーザーのニーズに合わせた商品の多様化が進んでおり、犬・猫別では、
キャットフードがドッグフードよりも順調な市場の伸長を見せた。

また、ペット用品市場では、衣服などの生活必需品ではない分野では買い控えの
傾向を見せ、ペットシーツなどの消耗品に関してもPB商品に人気が集まるなど、
単価下落が起きた一方で、“室内飼育”をキーワードにしたウェットティッシュや
しつけ剤などの新規分野は堅調に推移しているという。

同社は今後の展望について、今までのような高成長を持続することは難しいがまだ
拡大の余地はあり、ここ数年キーワードとなっている“高齢化”“室内飼育”などを
軸にビジネス展開が続くと分析している。

関連記事





0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます


発行部数
人気ブログランキングへ

Appendix

最新の記事

Twitterボタン
20万部突破記念!

読者投書欄

カテゴリー・過去記事

 

RSSフィード