日刊猫ニチ新聞 ネコのニュースだけの不思議な新聞 |いたずら?犬猫被害
FC2ブログ

Entries



農作物を荒らすネズミやモグラを退治するためのわな「とらばさみ」が、仙台市内の
住宅街などに仕掛けられ、ペットの犬や猫が被害に遭うケースが目立っている。
狩猟目的の使用は禁止されているが、農業用には規制されていないため、ホーム
センターなどでも購入でき、いたずら目的で設置されたものもあるとみられる。
動物愛護団体は「いたずらに動物を傷つけるのはやめてほしい」と訴えている。

とらばさみは中央にある金属板に動物の脚が乗ると、ばね仕掛けで2つの半円の
金属板が合わさり足を強く挟み込む仕組みで、狩猟用のわなとして用いられてきた。

仙台市内の動物愛護団体「アニマルピース」によると、同市のアパートに住む女性
方で3月22日朝、ペットの猫が前脚をとらばさみで挟まれて見つかった。
女性は玄関前に置いた段ボールで猫を飼っていたが、深夜に何者かがとらばさみ
を仕掛けたとみられる。
猫は逃げ出し、数日後に捕獲され、動物病院でようやくとらばさみを外された。

とらばさみによるペットの犬や猫の被害は畑の近くばかりでなく、住宅街でも目立つ
といい、動物愛護団体では「明らかにいたずら目的」と訴えている。

関連記事





0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます


発行部数
人気ブログランキングへ

Appendix

最新の記事

Twitterボタン
20万部突破記念!

読者投書欄

カテゴリー・過去記事

 

RSSフィード