日刊猫ニチ新聞 ネコのニュースだけの不思議な新聞 |立役者は、たま駅長?
FC2ブログ

Entries



バンクーバー五輪・男子フィギュアスケートで史上初の銅メダルを獲得した高橋大輔
選手に一役買った猫が密かな話題を呼んでいる。
それは、和歌山電鉄貴志駅の猫の駅長こと“たま駅長”。

高橋大輔選手が母親から渡されたというお守りが、和歌山電鉄・小嶋社長が特別に
作った、たま駅長の写真をあしらったお守りだった。
高橋選手の出身地である岡山県で、小嶋社長が県フィギュアスケート協会会長を
務めていた縁で特別に渡されたものだという。

          40402010078.jpg

同電鉄担当者は、「元々は社長が個人的に作ったもので、特別な人にしか渡していな
いもの」とのことで、「これまでに、ある議員さんの選挙の時にあげたら、その人が見事
当選した」という話もあるそうだ。

稀少価値のお守りで“縁起が良い”ということと、猫は高い所からジャンプでき、見事に
“着地”するというげんも担いで、高橋にとっては頼れるお守りとなったようだ。

関連記事





0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます


発行部数
人気ブログランキングへ

Appendix

最新の記事

Twitterボタン
20万部突破記念!

読者投書欄

カテゴリー・過去記事

 

RSSフィード