日刊猫ニチ新聞 ネコのニュースだけの不思議な新聞 |史上最多記録
FC2ブログ

Entries



インドにある熱帯雨林で、1つの地域内では史上最多となる7種類のネコ科動物が
撮影されたことが米・ナショナルジオグラフィックニュースによって伝えられた。

これは、野生生物保護協会(WCS)がインド北東部のアッサム州に広がるジャイプ
ル・デヒン低地雨林において2年間かけて行われた調査によって撮影されたもの。
570k㎡の地域内で、トラ・ヒョウ・ゴールデンキャット・マーブルキャット・ジャングル
キャット・ベンガルヤマネコ・ウンピョウが生息する様子が捉えられた。

     40402010003.jpg ← ゴールデンキャット

主に調査活動を行ったのは、同地域でテナガザルの研究をしていたカシミラ・カカ
ティさん。
彼女は地域内に30台のカメラを設置、ジャングルに生息する動物たちを自動撮影
したという。7種類のネコ科動物のほかに、12種類の肉食動物を含む全部で25種
類の哺乳動物の撮影に成功している。

カカティさんをはじめとする研究者は、希少種が多く存在する同地域の大部分が
現地政府によって保護地域に指定されていないことを指摘し、今回の発見をきっか
けに現地政府が動き、ハンターたちから彼らの生命が守られることを期待している
ようだ。

関連記事





0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます


発行部数
人気ブログランキングへ

Appendix

最新の記事

Twitterボタン
20万部突破記念!

読者投書欄

カテゴリー・過去記事

 

RSSフィード