日刊猫ニチ新聞 ネコのニュースだけの不思議な新聞 |活動を推進
FC2ブログ

Entries



猫の飼育に関するガイドライン作りを進めていた鹿児島市の策定委員会はこのほど、
最終案を森博幸市長に報告し、野良猫を地域ぐるみで管理する「地域猫活動」を推進
するとした。動物病院や公民館などに配布する予定。

最終案によると、「地域猫活動」とは地域住民が協力して不妊去勢手術を行い、エサや
ふん尿の始末など一定のルールで管理することをいう。少なくとも3人以上で行うこと
やエサ場やトイレの設置、個体識別などの留意点を挙げた。

市民を対象にした市のアンケートによると約8割の世帯が猫被害の経験があると回答。
また、殺処分は年間1,300~1,400頭で推移している。このため、適正な飼育の
啓発が急務として昨年7月、ガイドラインの策定委員会が発足し議論を続けていた。

市は2010年度一般会計予算案に、地域猫活動に取り組むグループなどへの不妊
去勢手術費用の助成を盛り込んだ。1頭につきオスは5,000円、メスは10,000円で、
市民の費用負担を5,000円程度に抑えるという。

関連記事





0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます


発行部数
人気ブログランキングへ

Appendix

最新の記事

Twitterボタン
20万部突破記念!

読者投書欄

カテゴリー・過去記事

 

RSSフィード