日刊猫ニチ新聞 ネコのニュースだけの不思議な新聞 |有名シェフに非難殺到
FC2ブログ

Entries



イタリアの有名シェフがテレビ番組放送中に、「ネコの肉は他のどんな肉よりうまい」
と発言し、視聴者や動物愛護団体から非難が殺到した。

この番組は、イタリア放送教会(国営放送)でお昼に放送している『レディーステディ
ークック』。
発言をしたのは人気フードライターとしても知られるシェフのベッペ・ビガズィー氏。
ベッペ氏は番組中で、ネコのキャセロール(お肉を野菜と共にオーブンでじっくりと
煮る家庭料理)が彼の出身地のトスカーナ地方の郷土料理だと発言し、「ネコの肉は、
鶏肉やウサギやハトよりもはるかにおいしい」と説明。さらにその料理法まで語った。

すぐに視聴者、動物愛護団体から苦情の電話が殺到。
プロデューサーはコマーシャル中にベッペ氏に謝罪するように要求したが、本人は
これを拒否。イタリア放送教会は止むを得ず、ベッペ氏の無期限出演停止の処分を
下し、事態の収拾に向けて対応した。

ベッペ氏は、「冗談のつもりで話したが誤解された」と説明している。しかし、「1930~
40年代、私が子供の頃は本当にネコが食べられていた。イタリアが食料難の時代
には、そのレシピも工夫されていたんだ」と、あくまで自らの正当性を主張した。

現在、イタリアではネコを殺すことは法律で禁止されており、これを破った場合は
18ヶ月の禁固刑に処される。
事態を憂慮し政府もコメントを発表した。フランチェスカ福祉部次官は「ベッペ氏の
言動はネコを育てる人を無視したあるまじき発言」と痛烈に批判し、動物虐待の
可能性も視野に入れて調査をするとした。

関連記事





0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます


発行部数
人気ブログランキングへ

Appendix

最新の記事

Twitterボタン
20万部突破記念!

読者投書欄

カテゴリー・過去記事

 

RSSフィード