日刊猫ニチ新聞 ネコのニュースだけの不思議な新聞 |駅舎も猫イメージ
FC2ブログ

Entries



「たま」がスーパー駅長を務める和歌山電鉄貴志川線貴志駅の駅舎が建て替えられる。
伝統的な雰囲気の中にも、窓の形などに猫をイメージし、遊び心を加えたデザインで
同電鉄が夏までのオープンを目指す。

     10102010091.jpg ← 新駅舎のイメージイラスト

新駅舎は、檜皮葺きの大きな屋根が特徴。高野山から職人を呼び寄せて、伝統的な手法
でヒノキの樹皮をふいてもらう。
両端に猫の耳をかたどった飾りを載せ、猫の目型の窓を二つ開ける。正面から少し離れて
見ると、猫の顔のように見える。
内部は、最近太り気味のたまが運動不足を解消できるよう、広々とした3階建ての駅長室を
作る計画で、ギャラリーやカフェも備える。
併せて、ホームに「いちご神社」「おもちゃ神社」「ネコ神社」の三つの社を建立。安全などを
祈願する。

建て替えに伴い、たま駅長は24日から1か月程度の長期休暇に入る。

関連記事





0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます


発行部数
人気ブログランキングへ

Appendix

最新の記事

Twitterボタン
20万部突破記念!

読者投書欄

カテゴリー・過去記事

 

RSSフィード