日刊猫ニチ新聞 ネコのニュースだけの不思議な新聞 |監督を表彰
FC2ブログ

Entries



ジェームズ・キャメロン監督が、映画『アバター』を通じて世間にすばらしいメッ
セージを贈ったとして、PETA(動物の倫理的扱いを求める人々の会)が監督を
表彰した。

        10102010090.jpg

PETAは映画の中のナヴィ族がネコに似ていることから、映画に描かれた彼らの
運命を現実の動物の運命に例えたようだ。
「映画『アバター』で、貪欲な大企業に土地を追われそうになるネコに似たナヴィ族の
窮状は、地球上の動物の現実に似ています。これらの動物は、今も住処を追われ、
捕らえられ、動物園の檻やサーカス、実験室などに行き着いています」とPETAの
スポークスマンはコメントしている。

PETAはまた、映画のストーリーが人間の身勝手な行動に警鐘を鳴らすだけでなく、
映画『アバター』がスタジオ内で撮影を行ったため、ロケなどで周辺の動物にいらぬ
ストレスをかけずに済んだことも褒めたたえた。

関連記事





0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます


発行部数
人気ブログランキングへ

Appendix

最新の記事

Twitterボタン
20万部突破記念!

読者投書欄

カテゴリー・過去記事

 

RSSフィード