日刊猫ニチ新聞 ネコのニュースだけの不思議な新聞 |災害時にペット保護を
FC2ブログ

Entries



兵庫県は、災害時にペットの保護に協力する「動物救援協定」を2月上旬にも、県獣
医師会など4団体と締結する。
阪神・淡路大震災をきっかけに被災者の心を支えるペットの重要性が認識され、全国
の自治体と獣医師会の間で締結の動きが広がっている。

協定には、災害時の「動物救護所」開設、ペットの救援に駆け付けるボランティアや
ペット用救援物資の受付窓口の開設、公衆衛生や治療での連携などが盛り込まれる
見込み。

阪神・淡路大震災発生の5日後、神戸市獣医師会などが立ち上げた「動物救援本部」
が各地の協定のモデルになった。
同本部は、避難生活で飼えなくなったイヌやネコなど約1,500匹を保護。2年間で約
360匹を飼い主に返却したほか、約1,000匹については新たな飼い主を見つけ「家と
家族を失い、ペットが生きがいだった」などの声が寄せられた。

その後、同本部は災害時の人とペットの共生を提言する報告書を作成。
日本獣医師会は2007年、これを基にガイドラインを作り、各地の獣医師会に自治体と
災害時の救援協定を結ぶよう呼びかけた。日本獣医師会によると、東京都、横浜市、
静岡県などがすでに締結。兵庫県内の複数の自治体でも、締結に向けた動きが進んで
いる。

関連記事





0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます


発行部数
人気ブログランキングへ

Appendix

最新の記事

Twitterボタン
20万部突破記念!

読者投書欄

カテゴリー・過去記事

 

RSSフィード