日刊猫ニチ新聞 ネコのニュースだけの不思議な新聞 |犬VS.猫
FC2ブログ

Entries



最も代表的なペットとして、その人気を二分している犬と猫。
英科学誌ニュー・サイエンティストは、犬と猫の好みが真っ二つに分かれていることを
踏まえた上で、「犬と猫、優れたペット対決」なる勝負を実施。
その結果をめぐり、多くの“犬派”“猫派”から意見が寄せられている。

「世界中の人は犬派と猫派に分けられ、それぞれが自分の好きなほうが優れていると
思っている」との書き出しから始まる同誌の対決企画。
犬と猫、それぞれを対象とした多くの研究が過去に行われながらも、直接比較した機会
がなかったとして「この永続的な論争を、科学を使って結論を出してみよう」と、今回の
対決の狙いを説明している。

同誌はこれまでに知られている客観的なデータを利用して、11の項目で双方を比較。
「どちらが人間にとって良いペットなのか」に主眼を置き、優劣を付けるという内容。
その結果に異論が出ることは充分承知の上で、「我々は挑戦が好きだ」と、11の比較
を行っている。

例えば脳に関する比較。平均的な脳の大きさは犬が64g、猫が25gで犬のほうが大き
いものの、体重に占める割合にすると猫のほうが大きい。
しかし、ここで同誌が着目したのは情報処理能力に繋がるという神経細胞ニューロンの
数。犬の1億6,000万に対し、猫は3億で、この細胞数の違いから「脳は犬より猫が優れ
ている」と判定している。

また、“犬派”“猫派”にとって興味深いのは、世界中で飼われている犬と猫の数かもしれ
ない。ここでは数の多い上位10か国の合計を示し、犬は1億7,300頭(匹)、猫は2億
400万匹との結果。世界では犬より猫を飼っている人が多いようだ。

ほかに「ペットの歴史」の項目では、これまでの研究ではまだ曖昧としながらも、犬は遅く
とも1万6,000年前には飼われていたと見られるのに対し、猫は9,500年前(※一緒に
埋葬された人間と猫が発見されている)で、ここは犬の勝ち。
「感覚器官」の項目では、嗅覚細胞の数、視覚の反応性、可聴域の範囲の広さでいずれ
も猫のほうが勝っていると指摘している。

さらに問題解決能力、泣き声、追従性などを比較し、11の項目で優劣をつけた結果、
同誌が出した結論は6対5で犬の勝ち。
企画の最後には「結果が不満ですか?」とつづり、読者に議論して欲しいと投げかけた。

これを受け、同誌のコメント欄には300を超える意見がズラリ。
“犬派”と“猫派”それぞれがいろいろな良さを主張しているが、こうした熱い議論が繰り
広げられるのも、それだけ犬と猫が愛すべき存在であり、実際に愛されていることの証拠
と言えそうだ。

関連記事





0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます


発行部数
人気ブログランキングへ

Appendix

最新の記事

Twitterボタン
20万部突破記念!

読者投書欄

カテゴリー・過去記事

 

RSSフィード