日刊猫ニチ新聞 ネコのニュースだけの不思議な新聞 |今年は不参加
FC2ブログ

Entries



滋賀県彦根市のキャラクター・ひこにゃんがデビュー以来、毎年末に陣頭指揮して
いた彦根城天守のすす払いに、今年は参加しないことが決まった。
天守での作業に危険が伴うため、安全面に配慮した。ひこにゃんのスケジュール
調整を担当する市企画振興部は「趣向を変え、今年は餅つきを担当してもらう」と
している。

       90902009013.jpg ←昨年のすす払いの様子

ひこにゃんのすす払いは、国宝・彦根城築城400年祭開幕前の2006年に、同祭を
PRするために開始。
命綱を付け、懸命に1年の汚れを落とすけなげな姿は、たちまち評判となった。
ただ、3層3階の天守は高さ21mもあり、3階の窓から狭い廊下(地上約16m)に出て
の作業は命がけという。
ひこにゃんは2007、2008年にも、井伊直弼と開国150年祭などをPRするために
すす払いを担当したが、市幹部は「大きな頭に彦根藩主の兜・赤備え天衝脇立を
かぶったひこにゃんを高い天守に出すこと自体、無理があった」と話す。

ひこにゃんは、今月22日に予定されている迎春のための餅つきに汗を流す予定。
ひこにゃんは「市民が誇る天守からホコリを払い、全国にお城の美しさを伝える仕事は
続けたかったにゃん」と残念がっているという。

関連記事





0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます


発行部数
人気ブログランキングへ

Appendix

最新の記事

Twitterボタン
20万部突破記念!

読者投書欄

カテゴリー・過去記事

 

RSSフィード