日刊猫ニチ新聞 ネコのニュースだけの不思議な新聞 |人工臓器に道
FC2ブログ

Entries



さまざまな臓器になるネコの「間葉系幹細胞」を、ブタの腎臓の基となる細胞「腎臓原基」
に注入し、ネコの体内で腎臓の組織を再生することに、自治医科大や東京慈恵会医科大
などの研究チームが成功した。尿の生成も確認した。
ネコの代わりに人の細胞を使えば、病気の腎臓に置き換える人工臓器作りに役立つ可能
性がある。

間葉系幹細胞は、骨髄などに含まれ、血管や筋肉などになる。この細胞は人にも存在する。

実験では、腎臓原基(約1mm)を、妊娠中期のブタの胎児から取り出した。それにネコの
間葉系幹細胞を注入、片方の腎臓が摘出されたネコに移植した。
すると、4週間後に腎臓原基が8~10mmに成長し、ネコの血管が通った。また、血液を
ろ過する糸球体や尿細管も形成され、尿がたまったことが確認できた。

ブタの臓器は人の大きさに近い。中国やメキシコなどでは、インスリンを分泌する膵島が
ブタから人に移植されている。
研究チームの小林英司・自治医科大客員教授は「ブタの腎臓原基がネコの臓器再生の
足場になり、臓器形成に近づいてきた。日本での臓器移植の実施件数は極めて少ない。
人工的に臓器を作り出し、難病で苦しむ患者の治療につなげたい」と話す。

関連記事





0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます


発行部数
人気ブログランキングへ

Appendix

最新の記事

Twitterボタン
20万部突破記念!

読者投書欄

カテゴリー・過去記事

 

RSSフィード