日刊猫ニチ新聞 ネコのニュースだけの不思議な新聞 |無料で貸し出し
FC2ブログ

Entries



京都府向日市社会福祉協議会は、12月から認知症状のある市内の高齢者宅などに
本物そっくりのペットロボットを貸し出す。
ロボットの「飼い主」であることを会話のきっかけにし、地域住民との結び付きを強めて
もらう。
            80802009014.jpg

市社協が採用するネコとイヌのロボットは、それぞれネコ好き、イヌ好きに遊んでもらっ
たところ、脳が活性化したとされる。
計画では、ネコ型20体とイヌ型3体のロボットを12月から約3カ月間、症状のある高齢
者の家族やボランティアに無料で貸し出す。
借り主は、高齢者がロボットを「飼っている」ことを近隣住民やケアマネジャーに伝え、
関心を持ってもらう。
その上で、ロボットの利用前後の表情や会話、生活リズムの変化などを記録する。

関連記事





0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます


発行部数
人気ブログランキングへ

Appendix

最新の記事

Twitterボタン
20万部突破記念!

読者投書欄

カテゴリー・過去記事

 

RSSフィード