日刊猫ニチ新聞 ネコのニュースだけの不思議な新聞 |面会を要求
FC2ブログ

Entries



ドイツの銀行に押し入った罪で逮捕され、服役している男が、面会権を求めてある裁判を
起こした。塀の中から男が会いたがっているのは、飼っていた猫。

ドイツ紙ビルドによると、この男は2007年に起こした銀行強盗で懲役5年の判決を受け、
服役中の46歳。
仏教を信仰する男は「輪廻転生」があると考えており、飼い猫が「死んだ母親の生まれ
変わり」と信じている。
その理由について男は「初めて猫に会ったとき、母親がいつもしてくれたような優しい眼
差しで自分を見た」ことがきっかけだった。

男は、他の囚人が妻や子どもたちに会うように、猫に会いたいと思うに至り、「飼い猫が
自分を訪ねられる権利」を求めて裁判を起こした。
しかし、裁判所は猫との面会権要求を棄却。その理由は「信教の自由は尊重するが、
猫が母親の生まれ変わりだと証明できない」からだった。

こうして男の願いは叶わず、刑務所を出るまで猫に会える見込みはなくなった。
しかし、裁判所は「猫への手紙」を書くことには許可を出したという。

関連記事





0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます


発行部数
人気ブログランキングへ

Appendix

最新の記事

Twitterボタン
20万部突破記念!

読者投書欄

カテゴリー・過去記事

 

RSSフィード