日刊猫ニチ新聞 ネコのニュースだけの不思議な新聞 |切手で参上
FC2ブログ

Entries



赤穂義士を黒猫のキャラクターで描いた記念切手が11月2日、兵庫県赤穂市を中心に
した郵便局で発売される。

  70702009039.jpg

記念切手は、80円切手10枚セット(1,200円)と50円切手10枚セット(900円)の
2種類。
黒猫のキャラクターは、討ち入り後、赤穂義士が犬公方と呼ばれた江戸幕府5代将軍・
徳川綱吉に切腹を命じられたことから、犬に対抗するキャラクターとして取り上げた。

80円セットには浅野内匠頭にふんした猫が吉良上野介役の猫を切りつける「刃傷松の
廊下」の場面や、黒装束の大石内蔵助役の猫が采配を振るうシーンなどを描く。
50円セットでは、内蔵助や息子の主税ら主要人物を1人(1匹)ずつ取り上げた。

猫のキャラは地元のまちづくり団体が2005年に考案。カレンダーやメモ帳などで親しま
れていることから、赤穂加里屋局が2月にデザインを発注。
12月の赤穂義士祭を前に売り出すことにした。

関連記事





0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます


発行部数
人気ブログランキングへ

Appendix

最新の記事

Twitterボタン
20万部突破記念!

読者投書欄

カテゴリー・過去記事

 

RSSフィード