日刊猫ニチ新聞 ネコのニュースだけの不思議な新聞 |はがき公開
FC2ブログ

Entries



文豪・夏目漱石が「吾輩は猫である」のモデルとされる飼い猫の死を、弟子の英文学者、
野上豊一郎と妻で作家の弥生子に伝えた自筆のはがきが20日、鹿児島県薩摩川内市
の「川内まごころ文学館」で公開された。

         60602009093.jpg

明治41年9月14日付はがきは、猫が「久々病気の処(ところ)、療養不相叶(あいかな
わず)、昨夜いつの間にか裏の物置のヘッツイの上にて逝去致候(いたしそうろう)」と始
まり、埋葬は「車屋をたのみ蜜柑(みかん)箱へ入れて裏の庭先にて執行仕(つかまつり)
候」と報告。
「主人『三四郎』執筆中につき、御会葬には及び不申(もうさず)候」と結ばれている。

漱石は当時41歳。その前年から晩年まで暮らした東京の自宅「漱石山房」で書いたと
みられ、はがきの内容は「猫の死亡通知」として、角川書店の漱石全集などに収められて
いる。
はがきの展示は、11月23日まで。

関連記事





0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます


発行部数
人気ブログランキングへ

Appendix

最新の記事

Twitterボタン
20万部突破記念!

読者投書欄

カテゴリー・過去記事

 

RSSフィード