日刊猫ニチ新聞 ネコのニュースだけの不思議な新聞 |無償で実施
FC2ブログ

Entries



京都市は1日、来年度から野良猫の去勢・避妊手術を無償で行う方針を決めた。
市内の猫の殺処分数は犬の10倍以上に上っており、去勢・避妊手術を行うことで野良猫
の繁殖を防ぐ。政令指定都市では初の取り組み。

市内では野良猫の数が野良犬に比べて圧倒的に多いという。猫の殺処分数は年々減少
しているものの、昨年度は1,867匹と、依然として犬の159匹を大きく上回っている。

野良猫はふん害や騒音など市民生活に悪影響を及ぼすことから、市は3月に策定した
「市動物愛護行動計画」で、2018年度の犬猫の殺処分数を2007年度の6割に減らす
目標を掲げ、具体策として無償で去勢・避妊手術を行うことにした。

野良猫の被害に遭っている自治会などに、保健所の職員が被害状況や飼い猫でないこと
などを確認する。
自治会などがその地域の野良猫を飼育する意思がある場合に限り、市が野良猫を回収し、
市獣医師会の協力を得て、家庭動物相談所で無償手術する。

このほか市は、飼い猫を捨てないよう市民に呼び掛けるポスターを京都府警と作製。年内に
市内各所に掲示する。
市生活衛生課は「猫の殺処分数を少しでも減らしたい」としている。

       60602009035.jpg ← 京都市と京都府警が作製したポスター

 
関連記事





0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます


発行部数
人気ブログランキングへ

Appendix

最新の記事

Twitterボタン
20万部突破記念!

読者投書欄

カテゴリー・過去記事

 

RSSフィード