日刊猫ニチ新聞 ネコのニュースだけの不思議な新聞 |発生の原因は?
FC2ブログ

Entries



ライオンの分析技術センター及びライオン商事は、猫のトイレから漂う“独特の不快な
ニオイ”と“原因菌”について研究を行い、結果を発表した。

同社はまず、猫のトイレの微生物分析を実施。
ペットオーナー5家庭において、猫のトイレの内側や底部、猫砂用スコップなどを対象に
合計19箇所で拭き取りを行い、その結果、グラム陽性菌が高頻度で検出。
それらの細菌を特定したところ、耐塩性細菌であるスタフィロコッカス科の「スタフィロコッ
カス」、「ヨトガリコッカス」という2菌種が確認されたという。

この2菌種の性質を調べたところ、「スタフィロコッカス」は全てがウレアーゼ活性を持つ
菌株を保有し、一方で「ヨトガリコッカス」は、ウレアーゼ活性を持つ菌株と持たない菌株
がいることが判明。
この菌株を猫の採取尿と一緒に培養してアンモニアの濃度を測定した結果、ウレアーゼ
活性を保有する菌株においてはアンモニアの発生量が増えることを確認した。

猫を室内で飼育しているペットオーナーに、ペットまわりで気になる不快なニオイを聞いた
ところ、69%が「トイレ」と回答している(2007年日本石鹸洗剤工業会調べ)。
また、トイレのニオイを「臭くなる前に抑えたい(62%)」と感じており(2007年ライオン調べ)、
ニオイの発生防止対策を強く求めている。

同社はこれからもペットオーナーの思いに応えるべく、猫のトイレまわりの除菌やニオイの
発生抑制のための研究及び商品開発を推進していく構えだ。


関連記事





0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます


発行部数
人気ブログランキングへ

Appendix

最新の記事

Twitterボタン
20万部突破記念!

読者投書欄

カテゴリー・過去記事

 

RSSフィード