日刊猫ニチ新聞 ネコのニュースだけの不思議な新聞 |指針案を論議
FC2ブログ

Entries



鹿児島市は24日、飼い猫や飼い主のない猫によるふん尿、鳴き声被害の改善を目指す
「猫の適正飼養及び管理ガイドライン策定委員会」の第2回会合を開いた。
市が7月に示した指針原案について意見交換。各委員から「地域猫」導入に向けた問題点
などについて意見が出された。

住民の理解を得て、飼い主のない猫に不妊・去勢手術を受けさせ、地域で飼育する地域猫
の実施主体などに関し「町内会やボランティアなど誰が実施するのか」「まず飼い猫や飼い
主のない猫の実態調査も必要」との指摘があった。

このほか「地域猫の啓発活動を小中学校でも実施できないか」「不妊・去勢手術費の負担
が大きいので行政による補助費制度なども検討できないか」といった要望もあった。

同委員会は動物愛護団体や公募市民の委員14人で構成。
11~12月には指針原案に対する意見公募を実施し、来年1月までに飼い主の心構えや
「地域猫」制度を盛りこんだ指針をまとめる予定。


関連記事





0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます


発行部数
人気ブログランキングへ

Appendix

最新の記事

Twitterボタン
20万部突破記念!

読者投書欄

カテゴリー・過去記事

 

RSSフィード