日刊猫ニチ新聞 ネコのニュースだけの不思議な新聞 |組み合わせて使う
FC2ブログ

Entries



飼いネコは空腹でエサが欲しい時に、うるさい鳴き声と飼い主が抵抗できないうなり声を
組み合わせて使うことが新しい研究から明らかになった。

この組み合わせは、飼い主がいつもエサの容器をいっぱいにしておこうとする理由を
説明できるかもしれないと、研究チームのリーダーでイギリスのサセックス大学で哺乳
類のコミュニケーションを専攻するカレン・マコーム氏は指摘する。

一部のネコは空腹の時に、通常の楽しげなノドを鳴らす音に、人間の赤ん坊が苦痛を
表す泣き声に相当する周波数の鳴き声を混合するという。
「ネコは、ただニャーニャー鳴くだけではなく、このような組み合わせによって、押しのけ
られたりせずに要求をうまく通すことができるようだ」と同氏は話す。

ネコがノドを鳴らすことそれ自体が奇妙なことだと同氏は指摘する。ネコの声帯は非常
に小さく、そのような周波数の音が出せるようにはできていない。
ほとんどの動物で、ノドから出す音は声帯を使うものだけ。しかしネコは、声帯の下の
筋肉をゆっくり振動させることでゴロゴロとノドを鳴らす音を出すことができる。

しかもこの動作では、声帯の内端は使用されないため、声帯は“ほかのこと”ができる。
ネコはノドを鳴らしながら、内端を振動させることで、人をいらだたせる高い周波数の声も
同時に出すことができるのである。

マコーム氏のチームは、ネコの飼い主数人とともに10匹のネコから、ゴロゴロ音単独と、
ゴロゴロ音とニャーニャー音の組み合わせを録音し、50人の被験者に聞かせた。
被験者は、ゴロゴロ音単独に比べて、ゴロゴロ音とニャーニャー音の組み合わせは、より
緊急でまた不快だと感じた。これは、ネコを飼ったことがない人でも同様だった。

しかし、すべてのネコがこのゴロゴロ音の組み合わせを使うわけではない。
この特別な音は、飼い主との間に一対一の関係ができているネコにより多く見られる。
家族が多い家の中では微妙な泣き声は見過ごされやすく、大きなニャーニャー声の方が
効果が高いからではないかと同氏は言う。


関連記事





0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます


発行部数
人気ブログランキングへ

Appendix

最新の記事

Twitterボタン
20万部突破記念!

読者投書欄

カテゴリー・過去記事

 

RSSフィード