日刊猫ニチ新聞 ネコのニュースだけの不思議な新聞 |2年間不明の猫
FC2ブログ

Entries



スコットランドで、2007年5月から行方不明になっていた飼い猫が、2年ぶりに
飼い主と再会した。
この猫は、飼い主の家から約250kmも離れた場所で見つかった。

行方不明になっいた猫はTiggerという名前で、毛につけられていたマイクロチップ
により特定された。
飼い主)は連絡を受けたとき、”まさかTiggerrのはずはない”と思ったといい、2年
ぶりとなる愛猫との再会に感激しているという。

Tiggerがどうやって家から250kmも離れた場所にいたのかは定かではない。車か
貨物列車に飛び乗ったのではと予想されている。
もしくは誰かが見つけて、一緒に連れて行ったのではないかとも思われる。

この件でマイクロチップの技術は、ペットたちが行方不明になっても確実に誰が飼い
主であるか特定できるという事実を示した。


関連記事





0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます


発行部数
人気ブログランキングへ

Appendix

最新の記事

Twitterボタン
20万部突破記念!

読者投書欄

カテゴリー・過去記事

 

RSSフィード