日刊猫ニチ新聞 ネコのニュースだけの不思議な新聞 |2009年09月
FC2ブログ

Entries



秋田県動物管理センターは、引き取った飼い猫を麻酔によって処分する「スリーピング
ボックス」を導入する。

秋田県生活衛生課によると、ボックスは45cm四方で、1度に数匹のネコを入れ、吸気
口から麻酔を流し込む仕組みで、担当者によると「眠るように安楽死できる」という。

センターには現在、犬用の炭酸ガスによる処置室があるが、ネコは犬に比べ炭酸ガス
への抵抗力が強く、長く苦しんで死ぬことになるという。そのため、クロロホルムを使用
したり、注射したりして安楽死させているが、職員がひっかかれてけがをすることもある
という。

2008年度にセンターへ持ち込まれたネコは1378匹。
開設当初の1997年度に比べ約1.5倍に増えた。子猫が圧倒的に多いという。
同県生活衛生課の担当者は「新たな飼い主を見つけることに努めており、できれば使い
たくない装置です」と話している。







発行部数
人気ブログランキングへ

Appendix

最新の記事

Twitterボタン
20万部突破記念!

読者投書欄

カテゴリー・過去記事

 

RSSフィード