日刊猫ニチ新聞 ネコのニュースだけの不思議な新聞 |2009年01月

Entries

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。







三重県伊勢市の太江寺(たいこうじ)で、かつて「案内猫」と呼ばれて親しまれ
ながら行方が分からなくなっていた雌猫のメリーが昨年夏、5年ぶりに帰り、
再び寺を訪れた人を導くように歩き、永田住職や参拝の人々を安心させている。

       10122008049.jpg

太江寺はペット供養の寺としても知られ、県内各地からペットを亡くした家族が
墓参りに訪れる。
メリーが寺に現れたのは約12年ほど前。
当時はやせて体も小さかったが、人なつこい猫で参拝に訪れた人たちにも可愛
がられた。
しばらくするとメリーは、寺を訪れた人たちの前を先導するように歩くようになり
「案内猫のメリー」と呼ばれるようになった。

しかし5年ほど前に姿を見せなくなった。
永田住職らが心配していたところ、昨年の夏にひょっこりと現れたという。なぜか
やや太り気味で、以前の俊敏さはないが、永田住職は「娘が帰ってきたようで
ホッとしている。境内を案内する役目は忘れておらず、訪れた人たちも楽しみに
しています」と話している。







スポンサーサイト

発行部数
人気ブログランキングへ

Appendix

最新の記事

Twitterボタン
20万部突破記念!

読者投書欄

カテゴリー・過去記事

 

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。