日刊猫ニチ新聞 ネコのニュースだけの不思議な新聞 |文化・芸能

Entries



今年1月から放送されたドラマ・猫忍の DVD-BOXが5月10日に発売される。


ドラマ・猫忍は、「猫」+「忍者」の新しい癒やしエンターテインメント。
大野拓朗さん演じる幼いころに父親と生き別れて愛を知らずに生きてきた若手忍者・陽炎太が、父親の面影があるでっぷり太った猫との出会いにより少しずつ成長していく。

DVD-BOXにはドラマ全11話に加え、メイキング映像や未公開カット集、オヤジ猫父上の回顧録などを収録。
さらに、封入特典には「父上のギリギリ★ポストカードセット」が付いている。







「猫忍」映画版のポスタービジュアルと劇中カットが解禁された。
「猫忍」は、孤独な忍者・陽炎太が掟を破り人目を避けながら猫を飼うさまを描く作品。
大野拓朗さんが主演を務め、猫の“父上”には体重8kgを超えるふくよかなタレント猫・金時が扮した。
   201703127.jpg
公開されたポスターは陽炎太や父上ら主要キャラクターの写真に「忍者も、萌える。」というコピーが添えられたもの。
また劇中カットには、父上と柄本明さん演じる猫専門店・猫見屋の店主の2ショットや、陽炎太が父上をなでる姿などが切り取られている。
「猫忍」は5月20日より東京・角川シネマ新宿ほか全国でロードショー。





   

滋賀県彦根市のキャラクター・ひこにゃんが9月公開の映画でスクリーンデビューする。
毎夏、同市で開催される人力飛行機の大会・鳥人間コンテストを題材とした「トリガール!」に出演すると、同市が発表した。
  201703107.jpg

映画は、作家・中村航さん原作の同名小説を英勉監督が実写化。土屋太鳳さんが主演する。
出演依頼を受けたひこにゃんは、彦根が舞台であることなどからOKしたという。
映画出演依頼は過去にもあったが、彦根市が舞台でないことなどを理由に断っており、銀幕登場は今回が初めて。







女優・川上麻衣子さんが15日、猫好き人間のための第1回イベント「今夜は猫に感謝祭」を開いた。
芸能界からも、タレント・ラサール石井さんや女優・峯村リエさんが参加。
  201703062.jpg
巨大スクリーンに飼い猫の動画や写真を映し出しながら、猫のいとおしさや飼い方などを集まった100人以上と情報交換。
川上さんは「猫はツンデレだから、いいのよねえ」としみじみ語った。





   

13日、東京・渋谷109で行われた「国宝・彦根城築城410年祭 開幕直前」のイベントに滋賀県彦根市のゆるキャラ・ひこにゃんと、同県出身のモデル・高橋メアリージュンさんが出席した。
  201703056.jpg
高橋さんは、ひこにゃんからホワイトデーの特大クッキーを贈られ「一番、うれしい。なかなか人生にないこと」と感激していた。







有川浩さんの小説「旅猫リポート」が実写映画化され、2018年に公開される。
心優しい青年・悟がある事情から飼えなくなってしまった愛猫・ナナと共に、新しい飼い主を探して日本各地を巡る旅の様子が描かれる。
  


主人公・悟を演じるのは福士蒼汰さん。
撮影は2月末にクランクインし、日本各地でロケを敢行。4月中旬のクランクアップを予定している。
福士さんは猫との芝居について「お芝居で猫と共演するのは初めてなので、最初は猫との距離感に少しドキドキ、猫見知り(?)しました。でも、相棒のナナは、クルクルとした毛がチャーミングな、ちょっとやんちゃでかわいい猫なので、日々楽しく撮影しています」とコメントしている。







シンガー・ソングライターの槇原敬之さんが家族同然に暮らしている犬と猫をモチーフにした11匹の個性豊かなキャラクターが登場するショートアニメーション「ぶっぷな毎日」が、関西テレビの音楽番組・ミュージャック(毎週金曜 深1:55~2:25 ※関西ローカル)内で3月10日から放送される。
  201702030.jpg
ピアノが上手で、どうやら音楽関係の仕事をしているらしいご主人様と、平和に暮らす10匹のワンちゃんたち。
そこに1匹の猫が仲間入りしたその日から、彼らの何でもない毎日があわただしくなって…。
タイトルにもある「ぶっぷ」とは、アニメ内で登場するフレンチブルドッグの鳴き声から来た言葉だという。







爆笑問題・田中さんの著書「猫と田中」が1月25日に発売される。

猫と田中
猫と田中
posted with amazlet at 17.01.24
田中 裕二
太田出版
売り上げランキング: 22,202

カバーと本文のイラストは、猫ピッチャー、ねこねこ日本史で知られるマンガ家・そにしけんじさんが担当。
さらに田中さんとの共作マンガ「猫漫才師」も収録されている。
このコラボは、田中さんがそにしさんのファンであることから実現した。
田中さんが撮りためてきた、とっておきの猫スナップも満載。







映画「ねこあつめの家」のポスタービジュアルが公開された。
本作は累計ダウンロード数1900万を突破したアプリ・ねこあつめを、伊藤淳史さんと忽那汐里さんの共演で実写映画化した作品。
スランプに陥った小説家・佐久本勝役を伊藤淳史さんが演じるほか、熱血編集者のミチル役を忽那汐里さん、不思議な不動産業者を大久保佳代子さん、ミチルの先輩編集者を田口トモロヲさんがそれぞれ演じている。
   201701061.jpg
公開されたポスターは、キャット版とキャスト版の2種類。
キャット版には伊藤さんがネコに取り囲まれるている様子が描かれており、キャスト版にはネコを抱きかかえる伊藤さんと物憂げな表情の忽那さんの姿が収められている。







愛猫家で知られる俳優・田中要次さんが1月3日に、ブログ「ニャルホランドドライブ改めニャンホマニアック」で、愛猫たちと新作の初主演映画で演じるキャラクター画像を年賀状替わりに公開した。
  201701001.jpg
画像には猫の「クマコ」「チャイ」「サビ」そして自身が演じるキャラクターの姿が並ぶ。
2017年に公開となる映画「蠱毒 ミートボールマシン」では主人公のダークヒーローとなる中年男・野田勇次役を務める。






発行部数
人気ブログランキングへ

Appendix

最新の記事

Twitterボタン
20万部突破記念!

読者投書欄

カテゴリー・過去記事

 

RSSフィード