日刊猫ニチ新聞 ネコのニュースだけの不思議な新聞 |暮らし

Entries

simicoさんの「しみことトモヱ」の連載が、Webサイトのマトグロッソでスタートした。
「しみことトモヱ」は、飼い猫との暮らしを描いたペットエッセイ。
 201710046.jpg
猫・しみこをずっと1匹で飼っているのはかわいそうだと思ったsimicoさんが、新しい家族・三毛猫のトモヱを連れてきたことから物語は始まる。
新しく来た猫・トモヱはしみことソリが合わず、飼い主が仲の悪い2匹に挟まれオロオロとする様子を描く。
12月7日には、単行本「しみことトモヱ 猫がいるから大丈夫」がイースト・プレスより発売される。
詳細は  コチラ でチェック!





兵庫県の姫路三菱自動車販売太子店で、車のボンネットに入った子ネコが救助された。
ことの始まりは10月2日。
「ネコの声がする」という客の来店でスタッフが車を確認したところ、ボンネットの中にネコが!
スタッフが救助したが、子ネコは雨とオイルで薄汚れ弱っていた。
 201710045.jpg
しかし、その後はエサを与えられてすっかり元気に。
スタッフが連れ帰り、そのまま飼うことになった。
名前も、そらちゃんに決定したことがブログを通じて報告された。
 201710044.jpg
姫路三菱自動車販売太子店は新聞やテレビの取材を受け、そらちゃんは「ボンネットに入っていた子ネコ」として様々な方面から注目を集めている。
救助を報告したブログやツイートでは、早速「猫バンバン」の呼びかけが行われている。





みずしな孝之さんがデザインした新作のTシャツ「フラッシュモブ」が、アパレルブランド・悪意1000%のWebサイトにて販売されている。
 201710043.jpg
踊る猫の姿がプリントされたこのTシャツは、「人間にやられると気恥ずかしくてモヤモヤするフラッシュモブも、猫からのサプライズだったら猫好きにとっては大歓迎!」というコンセプトで制作された。
通常カラーのバニラホワイト、スミブラックの2色に加え、受注生産限定の12色も用意されている。
受注生産限定カラーの受け付けは、10月31日24時まで。
商品は11月中旬から下旬に届けられる。
詳細は  コチラ でチェック!





ネコ関連本、各種発売中です。










会津鉄道の芦ノ牧温泉駅で2代目名誉駅長として活躍するネコ・らぶの弟・ぴーちが14日、同駅の施設長に就任した。
就任式は同駅で行われ、駅の利用者らで兄弟ネコの活躍を願った。

 201710042.jpg
   ↑ らぶ(左) と ぴーち(右)

ぴーちは昨年7月に生まれた雄ネコ。
福島県の特産品モモなどにちなんで名付けられ、1月ごろから同駅でらぶの仕事を手伝ってきた。
鉄道の日に合わせて就任式が行われた。 





アイペット損害保険が犬猫の飼い主560人を対象に、犬猫のキャラクターに関する調査を実施した。
犬といったら思い浮かべるキャラクターの1位になったのはスヌーピー。
2位はプルート、3位は忠犬ハチ公のハチだった。
猫といって思いつく1位はハローキティ。
2位はドラえもん、3位はトムとジェリーのトムだった。
 201710038.jpg





テレビアニメ・おそ松さんのぬいぐるみ「あにまらいず おそ松さん」が発売される。
ねこをモチーフにしたぬいぐるみキーチェーンシリーズ・あにまらいずは、やわらかくもちもちした触感と肌触りが特徴の新商品。
シリーズ第1弾として、パーカー風衣装のおそ松、カラ松、チョロ松、一松、十四松、トド松の6種が用意された。
 201710035.jpg
タカラトミー公式ショッピングサイト・タカラトミーモールや全国のアニメグッズショップなどで予約を受け付けており、商品は2018年2月下旬に届けられる。
詳細は  コチラ でチェック!





日清ペットフードでは「うちの子ヒーロープレゼントキャンペーン」を実施中です。
日清ペットフード商品のバーコード10ポイント分を送ると、抽選でわんちゃん・ねこちゃん用グッズが当たります。
Wチャンスあり。
 201710031.jpg
応募締切
 第1回:2017年10月31日
 第2回:2017年11月30日
 第3回:2018年 1月15日 ※当日消印有効
詳細は  コチラ でチェック!





ドキュメンタリー性の高い猫の写真ばかり約300点を集めた写真展「『渋谷ルデコ ねこ写真展』~今を生きる猫たちのキロク・キオク~」が10月17日~22日、東京都渋谷区で開催される。
 201710033.jpg
展示するのは、猫を撮り続ける写真家31人(組)によるA3以上の大判作品約300点。
会場のギャラリー・ルデコの展示スペース(4フロア)すべてを埋め尽くす。
いずれも芸術性、ドキュメンタリー性の高い作品ばかり。
詳細は  コチラ でチェック!





両備グループ・岡山電気軌道の おかでんミュージアム(岡山市)で子猫が愛嬌を振りまいている。
同グループは和歌山電鉄の三毛猫駅長をはじめ これまでに5匹の猫社員を採用しているが、駅長へのハードルは高く子猫は今のところ居候の扱いとなっている。
 201710032.jpg
子猫は雌で6月に同市内で岡電社員が保護した。今は社員の家で暮らし、毎日ミュージアムに出勤している。
名前はまだなく、猫社員への“就職活動”として専用スペースで来館者を出迎えている。

同グループの小嶋代表によると、歴代駅長とその見習い計3匹はいずれも仕事好きで駅長帽をかぶれる三毛猫。
「もう少し様子を見て処遇を決めたい」と言う小嶋代表の目尻は下がりっぱなし。






発行部数
人気ブログランキングへ

Appendix

最新の記事

Twitterボタン
20万部突破記念!

読者投書欄

カテゴリー・過去記事

 

RSSフィード