日刊猫ニチ新聞 ネコのニュースだけの不思議な新聞 |社会面

Entries

   

沖縄県自然保護課は、鼻に吹き矢が刺さった猫が北谷町砂辺で見つかったと発表した。
通報を受けた県警が動物愛護法違反などの疑いで調べている。
  201704070.jpg
女性が猫を見つけて保護。動物病院に連れて行き、治療した。
同課は「再発防止のため、動物虐待は犯罪であることを周知徹底したい」と呼び掛けている。







宮崎県串間市内で 3~4月、法律で使用禁止されている鉄製わな・トラバサミに足を挟まれた犬と猫が相次いで発見された。
2匹は保護されたが、いずれも足先を失う大けがを負っている。
  201704057.jpg
串間署は動物愛護法違反の疑いもあるとみて捜査している。







ネコの餌代欲しさに空き巣を繰り返したとして大阪府警岸和田署は12日、住居侵入と窃盗の疑いで大阪府和泉市の出水衛容疑者(52)を逮捕、送検し、27件の被害を裏付けて捜査を終えたと発表した。
「野良猫を放っておけず27匹飼っていた。キャットフードや魚を買う目的で盗みをした」と容疑を認めている。

捜査関係者によると、出水容疑者は平成25年にもネコの餌代欲しさに空き巣をしたとして府警に逮捕されていた。
当時は「野良猫が集まる場所を順番に回っていた。ネコにほおずりするのが至福の時間だった」などと供述していた。







香川県宇多津町が移住促進の動画をつくり、ユーチューブで公開した。
主役は猫。約8平方キロと香川で最小の町を歩き回り、住みやすさをアピールしている。
  201703113.jpg
メス猫の「毛ケ(けけ)たん」が子育てしやすい町であることを発見する筋立て。
小学校やスーパーをめぐったり、公園で子どもたちと戯れたりしている。







岡山県倉敷市酒津の酒津公園付近の路上で、人為的に傷つけられたとみられるネコの死骸が見つかっていたことがわかった。

5日午前8時前、近所の女性が同公園北側の路上で腹から血を流して死んでいるネコを発見。通報した。
倉敷署が器物損壊などの疑いで調べている。
ネコは腹部の表皮がはがされており、腹膜から内臓が透けてみえる状態だったという。
現場の状況などから別の場所で殺され、現場で遺棄された可能性もあるとみられている。
  
同公園付近では野生ネコの繁殖が問題となっており、同市保健所の記録では平成18年春に1カ月余の間にネコ十数匹の死骸が見つかるなど、数や状況から不審死だとして騒ぎになっていた。
保健所では「公園管理者に監視強化などを促したい」としている。







120匹ものネコを飼っていた男性の家が、強制執行により引き渡された。
9日午前、埼玉県深谷市で“ネコ屋敷”として知られる家に住む男性が家賃を滞納したとして強制的に大家へ引き渡しが行われた。
埼玉県によると、この家に住んでいた男性は8年ほど前からネコを拾ってきて育てていたという。
  201703052.jpg
家の中に入った動物保護団体のスタッフは「本当にふん尿だらけ。言葉では言えないくらいひどいです」と話す。
男性の姿はなく、120匹いたはずのネコのうち保護されたのは1匹のみ。
男性はすでにネコを連れてどこかに行ったとみられている。





   

1日午後0時40分ごろ、宮城県富谷市の成田東小の校庭で胴体部分で切断された猫の上半身の死骸を児童が見つけ同校職員を通じて交番に届け出た。

大和署によると猫は茶系の成猫とみられ、校庭の一角で少量の土が掛けられた状態で見つかった。刃物のようなもので切断されたとみられるが周囲に血痕などはなかった。
ほかに目立った外傷はなく、首輪なども見つかっていない。
同署は何者かが切断して置いたとみて動物愛護法違反の疑いで捜査している。







秋田県は16日、ロシアのプーチン大統領が佐竹敬久知事に贈ったシベリア猫・ミールの写真を、県のホームページで公開した。
  201612044.jpg
ミールは雄の4歳。
愛犬家として知られるプーチン氏に秋田県が2012年、震災復興支援へのお礼として秋田犬・ゆめを贈り、その返礼としてミールが佐竹知事に贈られた。
先日、プーチン氏が来日を前にした日本メディアとのインタビューにゆめを連れて現れたため、ミールの近況にも注目が集まっていた。

広報広聴課は「ミールの近況について問い合わせが相次いだので、まず写真を公開した。来月には動画をホームページにアップしたい」としている。







神戸市会は5日、野良猫の去勢・不妊手術を進めて繁殖を抑制し、殺処分の減少を目指す「人と猫との共生に関する条例案」を全会一致で可決した。
この条例を踏まえ、獣医師団体や地域団体でつくる協議会が設立され、公費による不妊・去勢手術を行う。

野良猫へのエサやりを禁じる条例や、エサやりのルールを定める条例の例はあるが、野良猫の繁殖抑制に特化した条例は全国初という。







野良猫を結束バンドでつるして虐待したとして福岡県警は29日、福岡市の大崎周平容疑者(34)=銃刀法違反容疑で逮捕=を動物愛護法違反(虐待)容疑で書類送検した。
容疑を認め「ここ1年くらいで野良猫を3匹殺した」と供述しているという。

早良署によると大崎容疑者は11日午後4時25分ごろ、早良区室住団地の河川敷で野良猫の首に結束バンドを巻いて手でつるし上げ、頭を数回蹴るなど虐待をした疑いがある。
用意したマタタビで野良猫をおびき寄せたという。
目撃した通行人が大崎容疑者を取り押さえ、警察に通報。
その間にネコは逃げたという。
署は、包丁2本を所持していたとして大崎容疑者を銃刀法違反容疑で現行犯逮捕した。

その後の調べに「自宅の敷地でネコがフンや尿をするので、嫌いだった」と説明。
過去1年ほどの間に「早良区内で野良猫3匹を結束バンドでつるして蹴るなどして殺した」と供述した。
署は付近を調べたが、死骸は見つかっていない。






発行部数
人気ブログランキングへ

Appendix

最新の記事

Twitterボタン
20万部突破記念!

読者投書欄

カテゴリー・過去記事

 

RSSフィード